国内初、NFTアートを返礼品としたふるさと納税が始まります!!

北海道余市町と株式会社あるやうむ、株式会社トラストバンクは、北海道余市町のふるさと納税の返礼品として、あるやうむが提供するふるさと納税NFTの技術を用いて、NFTアートの返礼品の提供を5月7日(土)21時00分から開始します。54種類のアート作品を寄付金額は1枚12万円から用意し、ふるさとチョイス限定で提供します。

54種類あるNFTアート作品の例

今回、余市町が提供するNFTアートの返礼品は、NFTクリエイターのPoki氏が描いた、北海道余市町の特産品であるワインをモチーフにしたアート作品です。作品は、いくつかのパーツで構成される「ミニコレクティブルNFT」で制作され、余市町のワインの種類(白・赤・スパークリング)や背景、登場人物などがそれぞれ異なる組み合わせの合計54種類を返礼品として用意します。本返礼品はパブリックチェーンであるPolygon(ポリゴン)チェーン上で発行されます。

寄付をするには専用ページにて事前登録が必要です。

寄付をするには5月7日(土)19時00分以降に予約申込を行う必要があります。下記のURLより事前エントリーをお申し込みください。

/https://furusatonft.com/yoichi/

プレスリリース配信にあたり、北海道余市町長の齊藤啓輔さん、NFTクリエイターのPoki先生からコメントをいただいており、最後にあるやうむ代表のコメントも追記させて頂きました。

詳細はこのURLからご覧になれます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次
閉じる